産後の醜いボディを改革したい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠して、お腹が大きくなってきたときはとても幸せな気分です。出産を経験して、しばらくの間は慣れない育児に翻弄され、自分のことを気にする余裕はありませんでした。

そして、少し慣れてきて、ふと自分の体形を見たときに愕然としました。鏡に映っていたのは、もう若くないおばさんのような自分の体つきです。完全母乳の育児だったので、12キロ増えた体重は、見事にマイナス14キロで妊娠前より軽くなっており、油断をしていました。体重は変わらないのに、体形に変化があるとは聞いていましたが、こんなにも戻らないとは思わず、ショックでした。

体重は以前より確かに軽いはずなのに、なぜか全体的に丸みを帯びたボディライン、お腹のお肉というか、皮なのか、だるんとしており、お尻も下がり四角くなっています。それに加えて子供を抱える日々のため、腕は心なしかたくましくなっていて太めになっています。子供を育てながらはなかなかジムにも通えないし、エステサロンに通うような時間の余裕もお金の余裕もないし…と思っているうちに現在2人目の妊娠中です。

現在妊娠6ヶ月を迎え、お腹も出てきているし、さらに丸みを帯びた体になっていますが、産後また以前のような…以前より酷い体型になっているんだろうなと考えると不安です。それに、2人目なので、前みたいにそもそも戻ることができるのかも不安です。産後なんとか痩せたいですが、また当分はそんな余裕もないでしょうし、悲しい現実が待っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。